スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サビ猫のクロ

のらのわ耕舎には同居人が一人 正しくは一匹居ます。
サビ猫のクロと申します。
決して飼っているわけではなく同居です。

クロさんはのらのわにこの夏、鶏がやってきた直後に来てくれました。

その夏の日の朝は突然やってきました。

朝、鶏さん皆元気かな?
圧死(若いうちは皆で部屋の片隅に集まる習性がある)してへんかな?
なんて思いながら鶏舎へいってみると、

あれ?

れれれ?

なんか来てる?!

細かい備品が散乱していて、飼料の中ではダントツに高い魚粉と酵母の袋が食い荒らされてる!

こんちきしょー!イタチか野良犬か!
許さーん!と思ったその直後、部屋の隅でミーと鳴く声…。

ヤッター!ニャンコやー!

ボルテージは一気に上がります。

ニャンコを見たい僕は下手くそな鳴き真似で猫を誘い出します。
部屋の隅に一匹の三毛猫を発見。
そうか~お前か~。なんて可愛いんや~。
なんて、さっきまでの怒りは何処へやら。
多分、親猫がこの仔のために魚粉と酵母の袋を開けて、達者でなっ。といったとこかな等と考えながら、持ってたオニギリを摘まんであげると食べる食べる。
あっという間に完食する姿を見て、もうお前はうちの子や!と勝手に決めるあたり自らの単純さに感動し、さっ、仕事しよかと動きはじめた その時、またミーと鳴く声!
なーにー?!まだおるんか?!
今度は何処の仔や!と、また下手な鳴き真似で猫を誘い出すと、今度はサビ色の仔猫が!
うーん、可愛い!
お前もうちくるか?!
なんて勝手なことを思ってみるものの、この仔は全然なつかずに一定の距離を保とうとしていました。
それでも時間が経つにつれ、三毛猫と同様とても人懐こい面を見せるようになりました。

残念ながら三毛猫のシロは、旅に出てしまいましたが、サビ猫のクロは今 膝の上で寝ています。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。